廃屋だった我が家

 私達家族は、廃屋だった家を修繕して住んでいるのですが、ここに来た当時の家はかなり荒れていました。天井は落ち、床は腐り、裏山のヤブは今にも家を飲み込もうとする勢いなのです。日々の作業は自然との共存というより、もはや「格闘」といった方がしっくり当てはまる感じで、そんななか草刈機やチェンソーを振り回していました。

 ヤブだらけの外回りのほかに、室内の修繕にも同時に手を付けていましたが、家のゆがみからか建具はどれも動かず、外すのに苦労しました。よく家の購入時には、建具のすき間をチェクすると家のゆがみが分かると言われますが、廃屋には当てはまりません。柱と建具のすき間は平気で2センチぐらい開いている家も多いですし、台所に竹が生えている家もありました。さすがにこの家は竹は生えていませんでしたが、野生のテンは棲んでいました。

 こうして「格闘」を繰り返し、半年ほどかけて直したわけですが、やはり廃屋選びのポイントは自分の技量を考えて選ぶ事のようです。私は内装の仕事の経験はありましたが、大工さんのように家は建てられませんので、柱や梁がしっかりしている物件を探しました。

 しかし何とか一段落した今、ふと思うのは、手に負えないような家を、色々調べながら時間をかけて直すのも楽しいだろうなとか、自分で建てたらもっと喜びも大きいだろうなとか、少しやっかいなことなのでした。
[PR]
# by mokkoubou_yabuki | 2005-07-26 15:46 | 工房設立まで

テント、はりました。

バタバタと仕事が舞い込み、工房が忙しくなってきました。このままだとすべて終らすのに、年内いっぱいかかるかもしれません。そこで工房にテントを出現させました。
b0126098_15373168.jpg
 なぜこんなところにテントかと言うと、この中で子供達を遊ばせるためなのです。妻も私と同じ家具工房で修行していたので、工房の仕事が忙しくなると、育児中の彼女の手を借りるのです。上の娘のときは、乳母車に入れて仕事をしていましたが、二人目の子供が小さい今は、目が放せないのでこのテントの出番です。乳母車より自由に動けて虫も入らない、そして少々目が放せると、かなりの便利グッヅです。

 これを見るともうすぐ4歳になる娘は、はしゃぎつつ「ここで子守りをするー」と、はりきっていました。ちなみにこのテント、廃屋だった我が家の修繕中に、半年ほど私が寝泊りしていたものです。
 さて、いったいどうなることやら・・・。
[PR]
# by mokkoubou_yabuki | 2005-07-23 15:36 | 暮らし

 木工房のHPを見ると、「手作り」とか「手仕事」という言葉をよく目にすると思います。私達の工房でも使っていますが、この言葉について少し説明しないと、業界以外の人には分かりにくいのではないかと感じ、私なりの考えを書きたいと思います。

 木工は陶芸などと違い、多くの大型機械が使われています。ではなぜ手作りと言っているのでしょうか。
 それは例えば、四角い板の一辺を曲線にするとします。四角い板の厚み、幅、長さは機械でそろえ、その後の曲線や面取りは電動工具で加工します。この後からが手仕事です。電動工具で加工された曲線や面は木肌が荒れているため、すべて鉋(カンナ)や小刀で仕上げられます。また電動工具で取った面も機械ゆえの均一さがあるので、だんだんと面を大きくしたい時などは手作業で行っていきます。下の写真が、このときに使われる道具の数々です。
b0126098_15343054.jpg

 そして板の平面を仕上げるためには、一般的に大きめの寸八(スンパチ)鉋と呼ばれる、刃渡り7センチほどの鉋が使われます。なるべく薄い鉋クズを出すように心がけ、逆目(毛羽立った部分)を取りながら、板を平滑にしていきます。テーブルの天板は特に神経を使う作業です。しかしこうして丁寧に仕上げないと、後の漆塗りの作業でムラが出たりします。省くことのできない工程と言えます。
b0126098_15345052.jpg

 こうして仕上げた板は、機械だけのものより明らかに艶があります。鉋がけを行う大型機械もありますが、ダイニングテーブルの天板ぐらい大きなものはやはり手作業で行います。そして下の写真が、鉋のかけ終わりになり、艶が増した状態です。(樹種はタモです。)
b0126098_1535715.jpg

 家具はこのように仕上げられた板や棒を、直線や曲線で組合すことで出来ています。つまり最終的に全体のデザインを決定付けるものは、「手仕事」で行われるのです。何となく手作りの家具に体温を感じるのは、こういうところからかも知れません。このようなことから私達の工房でも「手作り」や「手仕事」という言葉を使っています。
[PR]
# by mokkoubou_yabuki | 2005-07-15 15:34 | 木工