仕事をしなかったついでに、ブログ更新です。

今日は朝から、地元(杵築市)のケーブルテレビの取材でした。
杵築市内の職人を回って、話を聞く企画らしい。
10分ほどの番組で、物づくりへの思いや、こだわりなどを語る、というもの。

この仕事をしていると、展示会場ではテレビや新聞の取材をたまに受けるので、簡単に考えていました。
が、今日のはいつもと違う一人で語る形式。
カメラに対してやや斜めに構えて、何もない空間を見つめながらの独り言、って感じです。
今までは、質問されて答えるパターンだったので、コツが掴めずしどろもどろ。
話している途中でも、(あれっ、結局俺は、何が言いたいんだ?)なんて、自分でもわからなくなる有様。

どうにかこうにか終わらせて、工房に移って作業風景を撮る時の気楽さが、とても対照的でした。
ここでは彫刻刀による彫りや、鉋での板削りの実演、簡単な組立などを撮影。
そしていつもは倉庫代わりに使っている部屋に、展示した家具などを撮ってもらって、夕方に終了。
8時間以上は掛かったか・・・、慣れないことでしたが、いい経験だったかな。

しかし、ただ独り言をつぶやき続けるのが、あんなに大変とは・・・。

b0126098_221217.jpg

(奥に写っている衝立は、お客さんからの修理依頼品であって、僕が作ったものではありません。)
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2012-07-23 22:16 | 木工