巨大ナメクジ

今日は祭日ですが、ちょっとした作業があったので工房で仕事をしていました。

そして、そろそろお昼にしようと庭を歩いていると、大きなナメクジが・・・。はじめは材木の樹皮が落ちているのかと思いましたが、良く見ると動いている。
あまりの大きさにナメクジとわかるまで時間がかかったぐらい。そのサイズは、長さ195ミリ、上から見た太さ20ミリぐらい。
この気持ち悪い初対面生物を、持っていた携帯で撮影しておきました。
(この手の画像は生理的にムリという方のために、本文の最後にテキストでリンクを貼っておきます。)

ここで一刻--------

撮影後に一度は部屋に入ってはみたものの、(もしかすると、ものすごく珍しいナメクジなのかも。)なんてことを思いたって捕獲することに。
早速外に出て“捕獲”と意気込みましたが、素手ではちょっと・・・ ・・・、その辺にあった細い竹の棒を使いました。

まずは胴体を傷つけないように、下からそっと棒を入れて持ち上げて一時観察。すると何やら白い粘液が出てきました。
(これは・・・、毒なのか、それとも、すごく臭いのか・・・?)などと勝手な想像をしつつも無事捕獲。臭いを確認する気にもなれず、すぐに空の水槽に入れました。

その後パソコンでこの初対面不気味生物を検索すると、『ヤマナメクジ』である事が判明。それによると、

山野にはヤマナメクジという大型種がおり、体長は10cm以上にもなる。体は分厚く、触角は短い。(wikipediaより)
らしい。

今回見たものはやや大きめのサイズなのかもしれません。しかし過去には20センチなんて大きさの個体もいたようです。

この『ヤマナメクジ』、しばらく飼育しようとも思ったけれど、見ていると鳥肌が立つので逃がすことにしました。

画像をご覧になる方は下記をクリックしてください。
* いきなりナメクジなので、苦手な方はやめておいてください。

『ヤマナメクジ』の画像
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2011-09-19 16:28 | 工房の周辺