愛知へ

もう一週間も前のことですが、愛知県に行ってきました。妻の実家への帰省です。

私の実家が神奈川県で妻が愛知県と、ここ大分県とは離れているため、今までほとんど帰省していませんでした。
が、今回は義理の父への親孝行と、少しの女房孝行も兼ねてのこと。往復1700キロぐらいありましたが、ハイエースで行ってきました。
行程はあまり休まなければ片道12時間ぐらい、仮眠しても15時間は掛からないので近かったような、遠かったような・・・。

なぜ車で?と、聞かれると、飛行機よりも安い以外に、(車でどの辺の地まで、苦も無く走れるのだろうか?)との思いもありました。
実は木工を始めた頃、(自らトラックで家具を運んで、展示会場まで行きたい。)などと考えていました。
最近展示会も少しずつ出来るようになってきたので、コストなど度外視して、更に家族旅行も兼ねて、関東ぐらいまで展示会をやりに気軽に行けたらいいな等と考えていました。

それが(一体どんなもんだろう?)と思って味わってみると・・・ ・・・今のところ体力的には、もう少し遠くまで行けるな、と言う感じでした。
どこまでもトンボ帰りで行けそうな若さは無いけれど、あとちょっとぐらいなら行けそうかも。

まぁとにかく、まずは年明けの2月に大分県内での展示会があるので、県外はまだ先の話ですが、まだまだ面白いことはありそう。
b0126098_2345871.jpg
〔観覧車より-岐阜県側から、木曾川をはさんで愛知県を望む〕
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-11-28 23:13 | 暮らし | Comments(0)

木彫りの板とタンス

最近納品したタンスです。(オイル仕上げ)
b0126098_22161832.jpg

工房に持ち込まれたホオの木を引き出しの前板に、タンスに仕立てました。ホオの木彫りは、お客さんの手によるもの。
それともう一つ、同じく木彫りが施された飾り台(?)の修理。
b0126098_22215998.jpg

こちらは全体的に汚れていて、天板が割れていました。
まずは綺麗にして、天板の割れに手持ちのホオで埋め木をし、オイルで仕上げました。
どちらも主役は木彫りの板なので、私の仕事は彫られた板の邪魔をしないように、控えめに・・・。

そして次はケヤキを使ったテーブル。
b0126098_22283095.jpg

飾り棚を作ろうと思って、取っておいた板を出しました。
シンプルなテーブルですが、上質の仕上がりを目指します。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-11-19 22:39 | 木工 | Comments(0)

ケヤキとイチョウ

b0126098_1947122.jpg昨日、製材所から電話があり、預けていたケヤキとイチョウの丸太が挽き終ったとの連絡をもらいました。
最近時間的な余裕が無いので2,3日後に受け取りを、と考えていましたが、板が気になってしょうがないので、急遽引き取りに向かいました。

ほとんどの物を36ミリで挽いて、全体量は一立米ちょっと。
素直な丸太だけにケヤキらしい木目が出ていました。

帰ってから工房の倉庫に桟積みして、これから数年の乾燥期間に突入します。
ケヤキは一枚板で文机か、接ぎ合わせてテーブル等に。イチョウはまな板か・・・。

乾燥させないと当分は使えないので、ゆっくりと考えます。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-11-11 20:01 | 木工 | Comments(0)

木工教室と展示会

木工教室と来年の展示会用に、器作りをしています。
木工教室は県関係の話で、大分県に観光で訪れる方への、体験教室になります(まだ未定)。それと公民館での教室。
b0126098_15383875.jpg


木工は道具や機械の使用頻度が高く、危険もともなうため、作る物の選定が難しいのです。でも器ならと思って試作してみました。
これらの教室では、木を捨てない、循環型の木工を行うのが理想。
b0126098_16135081.jpg

(写真が悪くてすみません。)

そして展示会は来年、二会場を使って二週間続けての展示となります。会場の一つが20坪ぐらいあるのですが、それをパネルで仕切って開催する予定です。当初は個展のつもりでしたが、竹細工の方に声を掛けたら快諾してくれたので、二会場とも二人展になりました。

この方とは一昨年ぐらいに知り合い、何度か話すうちに物を作る姿勢や、考え方に共感を覚え今回の話となりました。はっきり言って歳も経歴も格上、展示会に巻き込んでおいて足を引っ張らないようにしたいと思います。

この展示会では手仕事の意味や、経済効率だけを追求しない物づくりを、提唱できたらと思っています。
簡単に言うと・・・、
物作りはプロとしては結果が大事ですが、そこに至るプロセスは、もっと大事だと考えています。作りたい衝動と過程と結果、このどれかを疎かにすると、物は死んでしまう気がします。
物作りの原点を感じて頂ける展示になれば、と思っています。

これから二ヶ月間は展示物の制作に当てようと考えていますが、注文の品に遅れが出ています。
そこで今日は湿度も高いので、漆作業と杵の修理。
b0126098_16183816.jpg

木工教室は時間の関係で開催未定ですが、まずは展示会に力を注ごうと思います。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-11-09 16:35 | 木工 | Comments(0)

展示会、会場探し

連休の最中、家族を連れて展示会の会場探しをしました。
片道1時間強のドライブを兼ねて、未だ見ぬ所へと・・・。

今回の目的地は元庄屋さんのお宅。
現在はレストランとカフェ、ギャラリー併設となっています。
(携帯で撮影しているためか、ピンボケが多いのですが御了承ください。)

こちらは現在ギャラリーに使われている建物。
b0126098_2094224.jpg

そして元酒蔵。
b0126098_2012265.jpg

建物の作りは、まるで本で見るような立派なものです。

そして中の一部分。
b0126098_20144532.jpg

建具には漢文の彫刻や、日本画が施されています。
b0126098_20154792.jpg

今ではこれだけの一枚板でさえ、まずありません。

そこで展示されていた品と家具。

b0126098_20351464.jpg

b0126098_20184960.jpg

全体的に手仕事感の強い物や、李朝家具が多く置いてありました。
しかしここは、随分先まで展示会の予定が入っているらしいので、今回の話が進み次第改めて書いていきたいと思います。

そしてこの日は夕方に食事会(宴会)の予定があったので、バタバタしつつも、これで帰ったら子供達がうるさいので近くの公園へ。
b0126098_2027181.jpg

予想外に広い公園で、とりあえず子供達も満足してくれた様子。
これからしばらくの遠出は、ギャラリー探しが続きそうです。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-11-04 20:53 | 木工 | Comments(0)