家庭菜園の動物対策?

草が伸び放題の畑だった家庭菜園も、すでにいろんな苗や種が入っています。
そうなると困るのが、近頃特に増えたイノシシの被害。我が家の場合は、ただの家庭菜園なのでまだしも、近隣の農家にとっては被害甚大です。
そこで去年登場したのが、これ、
b0126098_2057585.jpg

イノシシよけの鉄柵です。
ここは工房前の村道で、右上に少し見えている建物が工房の展示室になります。写真には写っていない、この建物のもっと右手は山になります。つまり、山に隣接する我が家は鉄柵の外。イノシシの通り道になっています。結果、もしかすると菜園はイノシシにやられるかも・・・。
そんな我が家の対策は、
b0126098_2154322.jpg

菜園の周りを足場板で囲ってみました。
イノシシが「何か変だな」とか、「ここは怪しい」とか思ってくれることに期待した、他力本願の消極的対処法です。
イノシシ除けのネットとかも考えましたが、値段が高いのでやめました。プロ(農業の)でもないのに、あまり本気っぽいのも少し照れくさいことですし・・・。とりあえず荒らされてから考えることにしました。
しばらくは荒らされたら畑の場所を移動したり、作物を替えたりで対処していきたいと思っています。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-04-29 21:19 | 暮らし | Comments(0)

今年は家庭菜園を・・・

ここ数年忙しいことを口実に、まるっきり畑作業をしていませんでした。
ところが最近、娘に「もう畑やんないの?」と言われ、「今年はやろっか」と答えてしまった手前、いよいよ重い腰を上げました。

しかし我が家の敷地は、草が伸び放題。
b0126098_18115237.jpg

膝ぐらいの丈になっています。
まずは草刈り機でこれを片付けないと畑が作れません。周りをウロチョロされると危ないので、子供達はお菓子でだまらせておきました。
b0126098_18154889.jpg

そして黙々と草刈り、その後畑に肥料を入れて耕し、終ったのは夕方頃。
b0126098_18184942.jpg

こうやって書くといきなり出来てしまった感じですが、かなりクタクタになりました。
この10畳程度の畑には、鮮度が命のトマトやキュウリなど、その他もろもろの葉物を栽培するつもり。あと、放っといてもジャンジャン実るオクラやピーマンも。

青空の下で久しぶりの農作業、心地よい疲れを感じつつ・・・筋肉痛がこわい。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-04-27 18:59 | 暮らし | Comments(0)

タモ購入

数日前にタモやキリの板を買いに、福岡県大川市へと行ってきました。
とりあえず10万円前後の予定が、フタを開ければその倍以上の買物と言う結果。
b0126098_1429748.jpg

壁に立て掛けてあるものがタモの板目で予定通りの品、その手前に桟積みして寝かしてあるのが丸太を挽いたままの耳付き材。こちらは、当初は買う予定に入っていなかった板になります。板目のタモを車に積み込み、さあ帰ろうかと言う時に製材所で見つけて買うことにしました。

それと言うのもこの丸太、かなり杢が出ていて、以前から探していたタイプの物だったのです。いわゆる「玉杢」と呼ばれ、珍重されている板になります。
b0126098_14435192.jpg

湧きだつ水を真上から眺めるような杢で、丁寧に鉋をかけて漆で仕上げると、とても綺麗になります。桟積みしてある板は玉杢を持っている丸太を挽いた物なので、それぞれ杢の出方に差はありますが「玉杢」がかなりの割合で見られます。
これを飾り棚の鏡板や、椅子などに使えば華やぐことは確実です。

やや衝動的な買物でしたが、後悔はありません。むしろ買わずに帰っていたら、今頃悔しい思いをしているのが目に見えています。
たかが木とは言え、その出会いは偶然なので、まずはめでたしめでたし。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-04-26 15:03 | 木工 | Comments(0)

がんばれ

b0126098_2173587.jpg弟からメールが来ました。
それによると「HPができた・・・」との事。

弟は北海道に住んでいて、アウトドアガイドをやっています。
結構変わった経歴の持ち主で、小さい時からピアノやトランペットを習い、大学では音楽科で本格的にピアノを学んでいます。

弟が大学の頃、私は飛騨高山で木工の勉強をしていました。
当時、二人でカヌーを持って長良川に行ったり、またある時は弟の大学がある、新潟県の海岸で極寒キャンプをした思い出があります。(もう13年ぐらい前のこと)

思い起こせば、その頃から弟は歩いて新潟から北海道に行ったりと、かなりアウトドアに傾倒していました。
が、ガイドになるとは思ってもいませんでした。
(・・・でも考えてみると、立山の山小屋で働いていたこともあったので、当然と言えば当然の成り行きかもしれない。)

その弟が数年前に独立して、HPを完成させたので是非、ご覧下さい。
こちら―Forestrek(フォレストレック)

北海道のニセコを中心に活動しているので、御用の際はお願い致します。
(写真:ニセコ連峰の白樺山、弟のサイトより借用)
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-04-16 21:19 | 暮らし | Comments(0)

小物を製作中

b0126098_222847100.jpg最近「小物」も作っています。
(写真はトレーやお盆)

今までこの類いはあまり作らず、ほとんど家具ばかりやっていました。しかし9月に控えている展示会のことを考えると作っておいた方が良いかなと・・・。
と言うのも9月の展示会はグループ展なので、一人分のスペースはそんなに取れないかもしれません。その点小物は、空間が有効利用できます。これを機会に多種多様な物を作ってみようと思っています。

ただ、小物は一つ一つの単価が安いため、難しいところがあります。安くするためには量産すればいいのですが、不良在庫が怖い。単価が安いために手の込んだことがやり難い。人と違うアイディアや、効率的な加工が要求される。また、数が売れる販路も欲しい。などと色々障害はありますが、本来私は小物作りが好きなので合間を見つけて作り続けてみます。

そしてグループ展が終れば、もしかすると今年度末に個展を開催できるかもしれないので、今のうちに作り貯めておきたいとも思っています。

しかしこの話はまだまだ未定で、とにかく9月を成功させてから・・・となります。

でもどんな形にせよ、「展示会主体でやっていく」と決めたからには、しばらくはこんな感じで進み、ダメだったらその都度少しずつ軌道修正しながらやって行きます。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-04-12 23:01 | 木工 | Comments(0)

前回書いた記事、「襖をはがせば・・・ 」の襖貼りが終りました。
最初は、以前重ね張りした時の下の襖の絵が透けて、表面も黄ばみが出ていました。
b0126098_2148535.jpg

それを剥がせば、下張りは新聞紙。
「古い家の襖の中には、お宝が貼ってあったりする。」と聞いたことがあったので、期待しましたが、数10分私を楽しませただけの古新聞でした。
b0126098_21514930.jpg

いつまでも「昭和46年」の古新聞むき出しの襖ではみすぼらしいので、ホームセンターで買った1500円(二枚)ぐらいの襖紙を貼りました。
b0126098_21543139.jpg

何となく和紙風のシンプルな白い物4枚と、糸入りの少し小ざかしい物1枚。
部屋も明るくなり、感じが良くなりました。

ついでに・・・と思い、最近めっきり出番の少ない楽器達の手入れもしました。
b0126098_22442355.jpg

(これらの入手の経緯などは、随分前にHPに書きましたので、そちらでご覧下さい。-お気に入りのモノ達-遊びグッズ編

今回の手入れは、放置しがちな楽器が気になったのと、もう少し生活そのものを楽しまなければとの思いからです。ここでやれる色々なことを、しっかり謳歌しないともったいないと感じています。こんな楽器を吹けるのも田舎ならでは、防音室もいりません。

因みに、ここでは前にこんな会話がありました。

工房の仕事は少々やかましいので、私が近所の人に
「いつもうるさくしてすみません。」と言うと、
お年寄りは、
「もう耳が遠くて、まるで聞こえん。」とのこと。
・・・でも多分そんな事は無く、この人の優しさなんだろうな、と思います。

それに甘える訳ではないですが、これからはたまに練習させてもらおうかな、と思っている次第です。それと言うのも、今日楽器を吹いてみるとまるで思うように吹けません。イライラする位に忘れています。このままではあまりに悲しいので、練習して「趣味は楽器を吹くことです。」ぐらい言えるようにしたいと思います。

こんな自分のエネルギー以外使わない趣味って、罪悪感が無くて好きです。
究極は「趣味は考えることです。」かな。

※ここで一端「展示室づくり」は小休止です。また夏頃(多分)再開します。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-04-04 22:39 | 展示室づくり | Comments(0)

襖をはがせば・・・

今度は展示室の襖の貼り替えです。
これは5年ほど前に貼り替えしたものですが、その時に古い襖をはがさずに重ね貼りしたので、下の絵が透けてきてしまいました。
b0126098_23551680.jpg

ちょっと見にくいかと思いますが、富士山らしきものが見えています。
そこで今回は、前回分とその前の分としっかり剥がしました。全部剥がすと、そこには新聞の下貼りが。
b0126098_23575430.jpg

良く見ると日付は昭和46年。私が5歳の時です。おもわずじっくりと読んでしまいました。
すると、愛車のハイエースの古い物の広告がありました。
b0126098_044858.jpg

一番高いグレードで92万6千円。
これは当時どれぐらいの価値なのかとっても気になり、他の記事を読み進めると、ありました。
日産関係ですが、当時の求人広告が。
b0126098_010152.jpg

これによると、45歳で月給6万5600円。(しかも「牛乳毎日支給」と真面目に書いてあります。)
この年収全部はたいてもハイエースは買えません。車はまだまだ贅沢品の時代みたいです。
そして違う襖には、カローラの広告もありました。
b0126098_0154729.jpg

こちらは45万1500円。これでもまだ高い。
生活費を考えると、1年働いても買えそうにありません。

そしてまた違う襖には、冷蔵庫の広告が。
b0126098_0223427.jpg

こちらは値段が明記されていませんが、他の広告のテレビが20万ぐらいだったから、高そうです。
しかしそんな値段などよりも、画像の中の人々は一体何をしているのかが気になります。冷蔵庫も開けっ放しで、冷やした物を試食しているのだろうか?

そんな下らない事を考えつつも、全ての襖(?)を読みました。
その感想は、やはり時代に勢いを感じます。
あちらこちらに、どこどこが竣工したやら、バイパスが開通したやらの記事があります。
公害関係の記事も目に付きますが、社会が全体的に上を向いている印象を受けます。

それにしても今日はまるで、大掃除の時に昔のアルバムを見つけてしまった様な、作業のはかどらない一日でした。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-04-03 00:58 | 展示室づくり | Comments(0)

展示室と胸を張れるほどのものでは有りませんが、質素な展示スペースのランプシェードを作ってみました。
この展示室は夜に使うことはないので、明かりはいらないと思っていました。しかし夜に工房から母屋の展示室に行くと、真っ暗で歩けたものではありません。特に月明かりの無い日は何も見えません。
昔、本で「田舎の基準は、夜道に落とした10円玉が見えるかどうか・・・。」なんて事を読みましたが、ここではまるで見えません。100円玉も目が慣れないと怪しい感じ。

そこで、やはり明かりを・・・となったのですが、なかなか良い物が見つからず、どうしようかと考えていました。いっそ木で作るか、とも。
今ある器具も使いたいし、どうしたものかとホームセンターを、うろうろぶつぶつ。
(木よりも金属がいいんだよな・・・それも地肌むき出しの・・・。)とか、
(台所のボールでも使うか・・・でも上手く作ってもボールって底のアールがカッコ悪いよな・・・。)なんてことを考えながら。

・・・前置きが長くなりましたが、いい物がありました。大きいアルミのロートです。
これならフォルムもいいし、地肌だし、アルミだから柔らかいし。
で、1000円にも満たない金額で購入。

早速今朝、工房で加工しました。(横の鉋は、今回の作業とは関係ありません。)
b0126098_23201081.jpg

見方を変えれば、すでにロートがランプシェードに見えます。
新品をカットするのはもったいない気がしますが、切ってしまいました。
b0126098_2322152.jpg

バリも取って、約15分で完成。
すぐに取り付けてみました。
b0126098_23252783.jpg

こういうシンプルな物が欲しかったのです。
今までなかなか見つけられず、あれば高くて馬鹿らしかったのですが、これなら満足。
何の違和感も無く、イイ感じに出来た気がします。(自画自賛?)
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-04-02 23:40 | 展示室づくり | Comments(0)

春。桜は、まだ

工房周辺にもどんどん春がやってきています。

つくしとか、
b0126098_22441575.jpg

ふきのとうやら、
b0126098_2245412.jpg

私が植えた、たらの木の芽はまだ・・・
b0126098_22482494.jpg

小さな花も沢山咲いて、少しずつ大地が緑色に変わりつつあります。

そして現実に戻れば、もうすぐ草刈りの季節。
今年も草との格闘です。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-04-02 22:54 | 工房の周辺 | Comments(0)