また、綺麗な砂浜

b0126098_18214686.jpg

 ちょっと海外に行ってきました。

 と言っても通用しそうなこの風景、実は大分県の田ノ浦ビーチです。すごく天気が良かったので、チャンスとばかりに行ってきました。

 人工の砂浜に人工の島、と人為的に造られたものばかりですが、とても綺麗です。相変わらず人もまばらです。(夏場は違うのでしょうが・・・。)

 見ようによっては小ざかしい、チャペル(?)のようなものも見えますが、とりあえず綺麗です。

 空も海もとっても綺麗です。遠くに別府の街が望めるあたりも、綺麗です。

 ちなみに、左下の砂浜にいる犬みたいな物体は、私の娘です。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2007-01-29 18:20 | 工房の周辺 | Comments(0)

昔ながらのネズミ捕り

b0126098_18192184.jpg
 この昔ながらのネズミ捕り、どうしたのかと言えば少し前にホームセンターで手に入れました。40歳の私でも、幼い頃にこれが家庭にあった記憶はございません。唯一の記憶は、小学校に通う通学路の空き地に、捕獲されたネズミ入りで捨てられたものを見かけたぐらいです。当然ネズミは死んでいて、幼かった私は友達と棒でつついて遊んでいました。

 で、どうして今さらこれかと言うと、我が家の屋根裏を駆け回るネズミを何とかしようと考えたからなのです。夜中になるとテヶ、テヶ、テヶと元気良く走り回り、時には台所でも見かける奴を何とかしたかったのです。そこでホームセンターに出向き、この昔ながらのネズミ捕りを購入したのでした。

 その構造はこんな感じです。今ドッグフードが付いていますが、これをネズミがいじるとスプリングの効いたリングが外れて入り口が閉まる、といったところです。
b0126098_18195180.jpg

 そして当然気になるその成果は・・・。

 捕まえる前に止めました。捕まえれば当然殺さなければならないですし・・・。さらに私は子供の頃にハムスターを飼っていたのです。見た目はほとんど同じです・・・。

 子供の頃に見かけた、“ネズミ入りのネズミ捕り”は多分ネズミを殺せなかった人の、困り果てた末の物だったのかも知れません。

 今は工房の片隅で、木クズにまみれてまるで機能していないネズミ捕り・・・ネズミの視点で見れば、こんな感じです。
b0126098_18202213.jpg

[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2007-01-27 18:18 | 暮らし | Comments(0)

誰もいない綺麗な海

 用事があって、国東(くにさき)半島中心部の我が家から、30キロぐらい離れた国東町に行ってきました。天気も良くデジカメを持参していたので、道すがら目に付いた風景を撮ってみました。

 まずは昔話にでも出てきそうな、かやぶき屋根の民家から。
b0126098_18151673.jpg

 さすがにここらでも、あまり見かけなくなりました。その後10分も走らずに海に出られます。
b0126098_18155314.jpg

 ここは私のお気に入り、黒津崎という海岸です。めったに人に会いません。ほどよく砂浜と岩場がある、とっても綺麗な場所です。2,3メートルはある巨石がゴロゴロしています。
b0126098_18162793.jpg

b0126098_1816454.jpg

 水も良く澄んでいて、底まで見えます。

 前に住んでいた宮崎も、ここ大分も、私の故郷の神奈川と比べると、海がとても綺麗です。湘南とは比べ物になりません。ただ海に誰もいないので、私などは逆に寂しいぐらいですけど・・・。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2007-01-25 18:20 | 工房の周辺 | Comments(0)

b0126098_17581531.jpg

今回は千鳥格子についてです。

 まずは写真を見てください。我が家の鍋敷きです。鍋敷きがどうこうと言うより、写真を見ていただくと「あれっ」と思いませんか。

 この鍋敷きは一本18ミリぐらいのブナの角棒を組み、タテヨコ300ミリぐらいの大きさに作ってあります。そのどう考えても曲げることの出来ない木が、まるで織られている様に組んであります。作り方は、木の欠き取り方を普通とは変えて作ります(二分の一ずつではないという事です)。仕組みはパズルのように組むのですが、写真を交えて説明を進めないと分かりにくそうなので、仕組みはまたの機会に記事にします。

 元々、千鳥格子は飛騨の匠の技法で、私も飛騨高山で教わりました。聞いた話によると、千鳥格子を初めて作った人が神社の扉に組んだところ、すぐに扉は壊され、千鳥格子は持ち去られてしまった、とのことです。その後も、直しては盗まれを繰り返したらしいのです。持ち去るのは当然匠達、その扉の仕組みは考えても分からず、ついには暴挙におよんでいた訳です。そして千鳥格子の技法は、皆に知れ渡る事となったそうです。

 千鳥格子を使って私が制作したものを、2点載せておきたいと思います。
b0126098_17585760.jpg

 上の写真は、お客さんが工房に持ち込まれた陶器を、千鳥格子で囲み灰皿としました。
b0126098_17592264.jpg

 私が工芸を学んだ学校で、卒業時に制作しました。ライティングデスク和風版です。現在は妻が使っています。
b0126098_17594531.jpg

[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2007-01-21 17:55 | 木工 | Comments(0)

 娘と息子の二人を保育園に迎えに行った帰り道、近所の横岳(標高400メートルぐらい)に寄り道しました。そこには横岳自然公園があります。施設は宿泊施設やログハウス、キャンプ場、テニスコート、等があります。人がいる時はいるのですが、今日は我々家族のみの貸切です。

 天気も穏やかで景色も良く見渡せたので、我が家の方角を撮ってみました。
b0126098_17534736.jpg

 写真に我が家は写っていませんが、こうしてあらためて見ると、随分田舎に移住したものです。見事に緑だらけ、人口建造物があまり見えません。

 まじまじと眺めながら、(そう言えば三日ほど前に、タヌキが庭にいて娘と追いかけたな。)とか、(そのまた三日ぐらい前にも、庭にウサギがいたな。)と思い出しつつ、(ま、イノシシじゃないからいいか。)と、とりとめの無いことを考えていました。

 で、そこにはこんなのもいます。
b0126098_17541783.jpg

 娘は何度か来ているらしく、慣れた手つきで枯れ草を拾い上げ、「シカはナ、草を食べるんデ。」と、大分弁を流ちょうに話すのでした。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2007-01-20 17:52 | 工房の周辺 | Comments(0)

チギリの話です

 手で書く、いわゆる“昔ながらの日記”をつけている私は、実は今年こそ「ブログもしっかり更新しよう」と思っていました。でも毎日毎日そんなに書くこともありません。ブログのことを一日中考えていればちょっとぐらい面白いことも書けそうですが、そうも言っては居られません。

 そんな時、部屋の片隅を見れば自分が創った“月見膳”に目がいきました。これには千切り(チギリ)が入っているのですが、それがひょうたんの形になっています。こっちは遊び(暇つぶし?)でひょうたん型にしたのですが、お客さんから見るとそれが珍しいらしく、2度ほどですが「チギリはひょうたんで・・・。」と言われた事があります。まずは下の写真を見てください。
b0126098_18463651.jpg

 こんな感じです。
 写真の説明をすると、土台というか地は、ナラの木を槍がんなで削り跡をつけた“月見膳”です(拭き漆)。その天板が割れていたのでひょうたん型の千切りを入れました。ちょうど、ひょうたんの胴のクビレの部分に割れがくる様にしてあります。これにより、割れはそれ以上拡がらなくなります。この黒い木はコクタンです。右のリボン型はケヤキで、これが通常のチギリの形になります。これは長手が4センチぐらいのもので、千切りは硬い木で作るのが一般的です。(ちなみにこのリボン型の千切りは、使えないので捨てたものです。このように木目が端から端まで通っていないものはダメです。)このリボン型のものは一度に大量に作るので、どうしてもこういう使えない物が出てしまいます。捨てるものもったいないので、それらは子供のおもちゃになっています。右の物は、子供が遊ぶから角が丸くなってしまっていますが、加工後は角がしっかりと立っています。

 それに比べて左のひょうたんは、一つずつしか作りません。量産の必要が無いのと、沢山は作りたくないというのが本音です。リボン型は彫って埋めるだけなら(リボンは出来ているとして)、ひとつ15分もあれば出来ます。それに対してひょうたんはめったにやらないと言う事もありますが、ひょうたんを作って埋めるのに数時間掛かります。私の場合この時間は、ヘタのリアルさにあります。実際のひょうたんのようにヘタをリアルに曲げればそれだけ時間が掛かります。ヘタは細いので(1ミリぐらい)変に曲げたり長くすると、打ち込むときにすぐ割れてしまいます。この写真ぐらい短く、まっすぐだと結構早く出来ます。

 そもそもなぜ千切りを入れるのかと言えば、割れは”捨て切り”などと呼ばれ、捨てられてしまうことの多い部分でもあります。はっきり言ってもったいないのです。千切りを入れることにより、割れを人の手でデザインの一部に変えることも可能です。それをリボン型のみならず、ひょうたんや帆掛け舟などの埋め木をすることで止められたら、それはそれでとても有意義なことだと思います。それを晩酌でもしながら「めんどくせーなぁ」などと呟きながら、やってたらある意味“粋”って感じがします(ちょっと分かりにくいかな)。

 まぁ、とにかく物は大事にしましょうってことで・・・(強引なまとめですが)。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2007-01-18 18:45 | 木工 | Comments(0)

風邪

 久しぶりに風邪をひいてます。朝から熱と寒気と鼻水に苦しめられています。今日は消防団の出初め式でしたが、欠席してしまいました。久ぶりの風邪が年に一度の出初め式なんて、ついていないと言うか・・・。
 
 明日から色々と予定もありますので、早く治そうとビタミン剤を飲みまくっています。とりあえず、早く寝て明日からに備えます。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2007-01-14 18:43 | 暮らし | Comments(0)

b0126098_18422160.jpg

 うちにグランドピアノがやって来ました。とってもかわいいミニサイズです。娘のクリスマスプレゼントに買おうと思っていたら、アマゾンで在庫切れ続きでクリスマスには間に合いませんでした。結局楽天のショップで買いました。

 商品が到着し、箱から出してまずは鍵盤をたたき、木を眺めました。すると予想よりいい音がします。音源はアルミパイプと書いてあります。さすがは本物のピアノを作っている河合だけあります。木はタモとかホワイトアッシュに見え、結構綺麗にできています。

 値段は1万ちょっとでやや高めですが、ゲームよりは楽器の方がマシかなと思います。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2007-01-12 18:44 | 暮らし | Comments(0)

ホームページの更新が一段落したら、ブログの更新を随分怠ってしまいました。
今さらですが、

 あけましておめでとうございます
 今年もよろしくお願い致します

今回が、新年初ブログになってしまいました。
どうせですので今年の目標などを・・・。まずは、

・去年からの禁煙と禁酒(晩酌)を継続する。
これはもう慣れたので、多分平気だと思います。禁酒は家では飲まないと言うだけで、外では飲んでます。

・体を鍛える。
実はトレーニングがしたくて、禁煙と禁酒を始めました。タバコを吸っている方は分かると思いますが、タバコを止めないと、とてもじゃないけど走れません。もう止めて3ヶ月ぐらい経ちますが、いまだにジョギングでゼーゼー、ハーハー言っています。

・そしてようやく仕事の目標ですが、工房の増築と展示室を何とかしたい・・・。
これは現在、増築に使う材料を貯めこんでいる段階です。普通に買うと高いので、時間をかけて集めています。

・最後に子供みたいですが・・・早寝早起き。
憧れにも近い、朝の体操をしてみたい。

宵っ張りの私には、最後の早寝早起きが一番難しいかもしれません。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2007-01-11 18:37 | 暮らし | Comments(0)