横岳フェスタ 開催中

展示会終了後、少し寄り道を。
知人がスタッフとして、多数参加している『横岳フェスタ』へ。

会場はまだ、準備中。
ステージでは、バンドが音合わせ。

b0126098_19532987.jpg


そして辺りの陽も落ちて、いよいよ焚き火に点火。

b0126098_19564100.jpg


しかし僕はここまで。
展示会と飛び込みの仕事がなければ・・・、などと不埒な思いを抱きつつ、思いっきり後ろ髪を引かれながら退散しました。
(みんな飲み始めているし。)

焚き火を囲んで、酒と音楽を仲間と共に、酔ってしまえばそのままログハウスで雑魚寝。
うーむ、素晴らしすぎて、羨ましい。

告知ページヘのリンク―杵築市観光協会
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2012-10-13 20:11 | 工房の周辺 | Comments(0)

急遽会場を移動することになったので、搬出→移動→陳列の連続となり、かなり面倒くさい作業に追われていました。

昨日は陳列を朝から昼前まで行い、午後は工房仕事となりました。
会場から工房への帰りの道すがら、清々しい秋の陽気に癒され、気分も晴れやかに。

b0126098_1964832.jpg


あと3分ぐらいで工房につきます。
右側を見れば、ダイナミックな岩肌が。

b0126098_1965884.jpg


ほら貝持った山伏が似合いそう。

そして、工房。

b0126098_197888.jpg


のどかな里山の田んぼの中にあります。
(画像の真ん中の集落の一番上、山のすぐ下の屋根だけ見えているのが工房。)

そして、カブ90。

b0126098_1971893.jpg


工房の前の道、カブの後ろはクヌギ林です。椎茸栽培に利用されます。
(大分は椎茸が特産品なので、あちらこちらにクヌギがあります。)

クヌギなので当然夏場は、クワガタとカブトがやってきます。
我が家の“工房キャンプ”での虫採りポイント。

そして、最近ハマっている、

b0126098_1972896.jpg


『八ちゃん堂』のタコ焼き&三ツ矢サイダー。
タコもごろっと大きくて、とっても美味しい。
飲み物は、三ツ矢サイダーで。

会場付近の道の駅で買えます(400円)。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2012-10-13 11:36 | 工房の周辺 | Comments(0)

横岳フェスタ

直前になりましたが、知り合いが実行委員をやっているイベントの告知です。

10月13日(土)、14日(日)に『横岳フェスタ』が開催されます。
場所は大分県杵築市大田にある、横岳自然公園にて。

b0126098_573417.jpg


13日が夕方から、焚き火を囲んでのコンサート。
14日がフリーマーケットやワークショップ等。

告知ページヘのリンク―杵築市観光協会


13日はお酒や食べ物、持ち込みOK。バーべキューもできて、遅くまで盛り上がっているらしい。
去年は風邪ひいて行けなかったので、今年は行きたいと思っていたけど、飛び込みの仕事があるので無理。
ワークショップにも誘われたのですが、展示会と日程が重なってしまったので、こちらも無理でした。

来年は日程が合えば、簡単な木工でも子供達とやるかな。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2012-10-13 05:11 | 工房の周辺 | Comments(0)

降り続く雨が恨めしい

大分県では、今日も断続的に強い雨が降り続いています。
ニュースでは日田や、中津で川が氾濫していると伝えている。
多くの地域で避難指示が出ていて、この中には僕の知り合いもいるはず。
今はまだ避難所にいるだろうから、連絡をとると逆に迷惑が掛かりそうなので、できることはここから祈ることぐらい。

僕のところにも県外の知り合いから、「大丈夫か?」などと連絡が来たりしていますが、ここは今のところ大丈夫です(大分県杵築市)。
ご心配して頂き、有難うございます。

しかしまだ、土砂災害の恐れもあります。
工房への通勤路は山から水が出やすく、たまに小規模な土砂崩れを起こしています。
その工房も傾斜の緩い山を背負っているので、今日は休んでニュースを見ています。

とにかく、これ以上の被害が出ないことを祈っています。
被災された皆さまへ、心よりのお見舞いを申し上げます。


*川の水位が見られます-国土交通省【川の防災情報】
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2012-07-14 10:00 | 工房の周辺 | Comments(0)

大分は連日の雨

台風が過ぎ去ってからも、激しい雨が降り続いています。
今日も仕事中には、(随分降るなぁ)何てことを思いながらの追い込み。

その帰宅の途中には、橋を何ヶ所か渡りますが、どの川も護岸の上まであと数十センチ。
場所によっては小さな川がすでに溢れていたり、道路が川のようになっていました。

そして買い物を思い出し、ホームセンターに立ち寄ると、近くの川も危ない状態。
(杵築市、八坂川)

b0126098_19533347.jpg


普段はこの半分もない水量です。
(ちなみに、川の中央に草のように見える緑は「樹」です。)

まだこれから明日の夕方までに、九州北部の多いところで180ミリの降水量予想なので、災害が起きないことを祈ります。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2012-06-24 20:07 | 工房の周辺 | Comments(0)

巨大ナメクジ

今日は祭日ですが、ちょっとした作業があったので工房で仕事をしていました。

そして、そろそろお昼にしようと庭を歩いていると、大きなナメクジが・・・。はじめは材木の樹皮が落ちているのかと思いましたが、良く見ると動いている。
あまりの大きさにナメクジとわかるまで時間がかかったぐらい。そのサイズは、長さ195ミリ、上から見た太さ20ミリぐらい。
この気持ち悪い初対面生物を、持っていた携帯で撮影しておきました。
(この手の画像は生理的にムリという方のために、本文の最後にテキストでリンクを貼っておきます。)

ここで一刻--------

撮影後に一度は部屋に入ってはみたものの、(もしかすると、ものすごく珍しいナメクジなのかも。)なんてことを思いたって捕獲することに。
早速外に出て“捕獲”と意気込みましたが、素手ではちょっと・・・ ・・・、その辺にあった細い竹の棒を使いました。

まずは胴体を傷つけないように、下からそっと棒を入れて持ち上げて一時観察。すると何やら白い粘液が出てきました。
(これは・・・、毒なのか、それとも、すごく臭いのか・・・?)などと勝手な想像をしつつも無事捕獲。臭いを確認する気にもなれず、すぐに空の水槽に入れました。

その後パソコンでこの初対面不気味生物を検索すると、『ヤマナメクジ』である事が判明。それによると、

山野にはヤマナメクジという大型種がおり、体長は10cm以上にもなる。体は分厚く、触角は短い。(wikipediaより)
らしい。

今回見たものはやや大きめのサイズなのかもしれません。しかし過去には20センチなんて大きさの個体もいたようです。

この『ヤマナメクジ』、しばらく飼育しようとも思ったけれど、見ていると鳥肌が立つので逃がすことにしました。

画像をご覧になる方は下記をクリックしてください。
* いきなりナメクジなので、苦手な方はやめておいてください。

『ヤマナメクジ』の画像
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2011-09-19 16:28 | 工房の周辺 | Comments(0)

「かんなわ」に寄り道

別府の10号線を杵築方面に走っている時に、ふいに思いついて、国道を左に曲がって寄り道です。
横断道路を数キロ上ると、別府八湯の一つの鉄輪(かんなわ)温泉があります。
ここはあちらこちらから、温泉の蒸気が噴出す街。
湯治宿も多数あり、昭和にタイムスリップしたような街の雰囲気も楽しめます。

今日の日中は、少し汗ばむような日差しになり、影もこんなにくっきり。

b0126098_1962180.jpg


そして本題の寄り道は、ここ。

b0126098_197216.jpg


里の駅 かんなわ」です。

ここは最近できた店で、大分土産や温泉入浴などが楽しめる施設。
まぁ、これらはあまり興味が無かったのですが、僕が見たかったのは温泉の蒸気を利用した蒸し器。

こんな感じです↓。

b0126098_19123866.jpg


蒸気で見えにくいのですが、レンガ積みのムロの様な中に食材を入れて蒸します。
お客さんは店内で県産の野菜や魚介類、肉や卵などの好きな食材を買って、蒸し料理を楽しむシステムです。
店内には水槽もあり、伊勢海老やカキなどが生きたまま売られています。

b0126098_19193313.jpg


カキは一つ100円程度、海老も大きさによって2000円~6000円程度と、お手頃価格でした。
他にも猪肉やタコなどもありました。
温泉の蒸気で蒸す事で肉は柔らかく、野菜はしゃっきりと旨みも増すらしい。

しかし僕はと言うと、ここの直前にラーメンを食べてしまい(しかも替え玉まで)、とてもじゃないけど無理。
今回はお茶を買って見ただけですが、次回はカキや卵を食したい・・・。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2010-11-26 19:38 | 工房の周辺 | Comments(0)

打合せ後の道草

ここ二週間ぐらい打合せなどが多く、あちらこちらを車で走り回っています。
先週は道に迷ってうろうろしていたら、「おべん柿」の原木を見つけました。

b0126098_1943220.jpg


木の周りは狭いうえに樹高もあるので、離れて携帯で撮影。
(ワイヤーが邪魔していますが・・・。)

近くで木を見上げると、

b0126098_194703.jpg


幹も太くて、力がみなぎっている感じ。

ところで、あまり聞きなれない名の「おべん柿」ですが、
昔みすぼらしい旅の修行僧が水を求めて施しを乞うたが、誰も見向きもしなかったとき、おべんという婆さんが水を与えた。僧はお礼に柿の実3個を渡した。その柿の種が芽生えて成長したのが、おべん柿の元祖木になった。

と言う事らしい。
ちなみに「おべん柿」は渋柿ですが、ビニール袋に入れて風呂の残り湯などに浸けておくと、次の日にはとても甘くて美味しくなります。

我が家にも一本だけ「おべん柿」の木があります。
例年沢山の実を付けて、他人にあげる程だったのに今年はさっぱりダメでした。
すべての柿の木がダメで(6本)、今年は数個しか実がなりませんでした。

数年前はこんなに採れたのに↓。(全部「おべん柿」です。)

b0126098_20114710.jpg


暑すぎた夏の影響なのか・・・。


おまけ
本日の打合せの帰り道、工房近くのダム湖の公園にて。
b0126098_2016517.jpg




◇◇ お知らせ ◇◇
しばらくの間、更新した記事の一番下で、展示会の告知をさせて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
三工房展
会期:11月18日(木)~21日(日)
時間:10:00~18:00 *最終日は17:00まで
会場iichiko総合文化センター(OASISひろば21)地下1F 県民ギャラリー
■お問い合わせ先
木工房矢吹 0978-52-3044 (携帯番号)080-6411-0886
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参加工房/アトリエ掌(竹:藤原満喜)、ウッドクラフトかづ(木:宮原一暢)、木工房矢吹(木:矢吹琢)となります。
b0126098_1940241.jpg

お誘い合わせのうえ、是非お越しください。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2010-11-08 20:26 | 工房の周辺 | Comments(0)

カブで散歩

今日も工房周辺は秋晴れ。
暑くも無く寒くも無く、爽やかな陽気でどこかに出掛けたくなります。
でも展示会まで一ヶ月しかないので、そんなことは出来るはずもない・・・。

そこで工房周辺をカブで散歩(?)しました。
b0126098_2035196.jpg

写真は工房から少し下った辺り。
普段あまり乗らないバイクですが、作業に疲れたり天気がいい時には、こうして工房周辺や近くの林道などを、意味も無く走っています。

写真には稲刈り前と、稲刈り後の田んぼが見えますが、今ここら辺では稲刈りシーズン真っ最中。いつもは静かなところが、やや賑やかな感じになっています。


そしてなぜか稲刈りを見ると、(また一つ歳を取ったな、)と毎年感じるのは、私だけなのだろうか・・・?。


◇◇ お知らせ ◇◇
しばらくの間、更新した記事の一番下で、展示会の告知をさせて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
三工房展
会期:11月18日(木)~21日(日)
時間:10:00~18:00 *最終日は17:00まで
会場:iichiko総合文化センター(OASISひろば21)地下1F 県民ギャラリー
■お問い合わせ先
木工房矢吹 0978-52-3044 (携帯番号)080-6411-0886
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参加工房/アトリエ掌(竹:藤原満喜)、ウッドクラフトかづ(木:宮原一暢)、木工房矢吹(木:矢吹琢)となります。
b0126098_1940241.jpg

お誘い合わせのうえ、是非お越しください。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2010-10-13 20:17 | 工房の周辺 | Comments(0)

また、寄り道話

前回の打合せに向かう途中、他にも寄り道していました。

国東は山間の道を下って少し走ると、もう海が広がっています。国東半島の真ん中に両子山、山を下ればすぐに海、といった土地柄。

そんな国東市国見町に、数年前に出来た道の駅。
b0126098_17515896.jpg

駐車場にハイエースを止めて、(まだ時間があるな・・・)と思っていたら、たこ焼き屋があった。が、(打合せ前にたこ焼きを食べるのもどうかな・・・)と思い直し、近くを散歩してみました。

今まで意識して見なかったけれど、瓢箪みたいな形の姫島が薄っすらと見えます。
b0126098_1757124.jpg

ここは砂浜も整備して綺麗なうえ波も穏やか、また公園もあり(トイレも)、子供を連れて来たら喜びそう。
b0126098_1804477.jpg

暖かくなったらバーベキューでもやろうかな、などと考えつつ次の場所へ。


ここも国道を通るたびに(何だろう?)と思っていた場所。
b0126098_1831156.jpg

「ペテロ・カスイ岐部神父 記念公園」との看板が掲げてあります。
ペテロ・カスイ岐部という方は、いったい誰なのだろうか?と思い公園内へ。

この方です。
b0126098_1893395.jpg

近くの石碑には功績が刻まれていました。
内容を要約すると、
この地から外国へと旅発ち、ラテン語や神学を修めた後に、ローマにてイエズス会士となった。その後苦労して帰国し、同胞の救霊のために尽くした。しかし幕府のキリシタン禁制により、江戸にて殉教を遂げた、とあります。

その道のりの地図が、タイルで作られていました。
b0126098_1820162.jpg

行きは、
長崎→マカオ→ゴア→エルサレム→ローマ
帰りは、
ローマ→リスボン→ゴア→マカオ→長崎
とありますが、ネットで調べると少し違っていました。(?)

詳しくはこちらから、
ペトロ・カスイ・岐部(ウィキペディア)

他にも銅像や、キリスト像、マリア像もありました。(左画像外には教会も)
b0126098_1831372.jpg

さらにここの近所の方の話だと、十字架が見える小高い丘には、その昔はやぐらの様なお城があったらしい。

ちょっと動くと、興味深い歴史に触れることができる国東半島、まずは工房の近所から探索してみようかな。
(この後は、お客さんとの打合せです。)
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2010-01-23 18:44 | 工房の周辺 | Comments(2)