少しずつ工房改造

ご無沙汰していたブログを、再開いたします。
マイペースになってしまうかもしれませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。

--------- いきなりですが、今の工房風景です。---------
簡易物置を制作開始!で、まずはペンキ塗り。
先日、銀のシートを張った材木置き場の奥に、角パイプの骨組みが有ります。
ここにもシートを、、、

そして工場の庇の下の荷物を、ここに移し、工場を増築する計画。
25平米は出現するはず。時間を作って、コツコツやります!
完成予定は春頃かな?

b0126098_17285045.jpg


 News  Update 2017.10.14
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このサイトには未掲載の家具と、木工品をまとめました。
カテゴリーごとに分類したので、ぜひ、ご覧ください。
(↓クリックしてください。)

   ― 【 新作オリジナル家具 】木工房矢吹 ―
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2017-10-12 17:57 | 展示室づくり | Comments(0)

展示室、少し模様替え

更新は日曜日にと書いた矢先に、更新ができませんでした。すみません。

最近これといった出来事も無く、淡々と日々が過ぎています。先週も仕事以外のイレギュラー的な事と言えば、草刈りでヘトヘトになった事と、家庭菜園のトマトの支柱を立てた事ぐらい。あまり書くことも思いつかずにいたら、本日テーブルが届きました。
b0126098_19153347.jpg

大きさが450×1800×700あって、折りたためます。
b0126098_19165152.jpg

展示室の台として使おうと、以前から探していました。

工房制作の飾り棚は、売り物なので小物の展示には使えず、かといって適当にチャッチャッと作ると、たいてい見学のお客さんに「これも作られたのですか?」などど聞かれてしまう。
つまり明らかに制作物ではなく、見るからに工業製品と分かる物が良いということになりました。また、無機質なため展示物の邪魔をしないということも利点ですが・・・。

これ(イトーキ製)をまともに買うと結構な金額になるので、オークションで探すとかなりの数がありました。そして、そのうちの一台に目が止まって入札。めでたく落札しました。
しかもその金額が100円だったので、嬉しいやら申し訳ないやら。はっきり言ってそこまで安い物は望んでいませんでした。プラスされる送料が1980円、やたら高く感じてしまいます。
しかし出品者に入るのは100円、それなのに梱包の手間まで掛けて頂くと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

でも、届くなりいきなり全体を拭き上げて、グリスアップしたら早速展示室へ。
上に布を敷いてしまうと、テーブルは見えません。
b0126098_19571719.jpg

試しにそこいらの物を並べてみると、何だかそれなりに見えます。
b0126098_19584020.jpg


(雨降りだった今日、ホワイトバランスやら色々いじくって撮ったら、ピンボケになってしまいました。)
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-06-02 20:04 | 展示室づくり | Comments(0)

前回書いた記事、「襖をはがせば・・・ 」の襖貼りが終りました。
最初は、以前重ね張りした時の下の襖の絵が透けて、表面も黄ばみが出ていました。
b0126098_2148535.jpg

それを剥がせば、下張りは新聞紙。
「古い家の襖の中には、お宝が貼ってあったりする。」と聞いたことがあったので、期待しましたが、数10分私を楽しませただけの古新聞でした。
b0126098_21514930.jpg

いつまでも「昭和46年」の古新聞むき出しの襖ではみすぼらしいので、ホームセンターで買った1500円(二枚)ぐらいの襖紙を貼りました。
b0126098_21543139.jpg

何となく和紙風のシンプルな白い物4枚と、糸入りの少し小ざかしい物1枚。
部屋も明るくなり、感じが良くなりました。

ついでに・・・と思い、最近めっきり出番の少ない楽器達の手入れもしました。
b0126098_22442355.jpg

(これらの入手の経緯などは、随分前にHPに書きましたので、そちらでご覧下さい。-お気に入りのモノ達-遊びグッズ編

今回の手入れは、放置しがちな楽器が気になったのと、もう少し生活そのものを楽しまなければとの思いからです。ここでやれる色々なことを、しっかり謳歌しないともったいないと感じています。こんな楽器を吹けるのも田舎ならでは、防音室もいりません。

因みに、ここでは前にこんな会話がありました。

工房の仕事は少々やかましいので、私が近所の人に
「いつもうるさくしてすみません。」と言うと、
お年寄りは、
「もう耳が遠くて、まるで聞こえん。」とのこと。
・・・でも多分そんな事は無く、この人の優しさなんだろうな、と思います。

それに甘える訳ではないですが、これからはたまに練習させてもらおうかな、と思っている次第です。それと言うのも、今日楽器を吹いてみるとまるで思うように吹けません。イライラする位に忘れています。このままではあまりに悲しいので、練習して「趣味は楽器を吹くことです。」ぐらい言えるようにしたいと思います。

こんな自分のエネルギー以外使わない趣味って、罪悪感が無くて好きです。
究極は「趣味は考えることです。」かな。

※ここで一端「展示室づくり」は小休止です。また夏頃(多分)再開します。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-04-04 22:39 | 展示室づくり | Comments(0)

襖をはがせば・・・

今度は展示室の襖の貼り替えです。
これは5年ほど前に貼り替えしたものですが、その時に古い襖をはがさずに重ね貼りしたので、下の絵が透けてきてしまいました。
b0126098_23551680.jpg

ちょっと見にくいかと思いますが、富士山らしきものが見えています。
そこで今回は、前回分とその前の分としっかり剥がしました。全部剥がすと、そこには新聞の下貼りが。
b0126098_23575430.jpg

良く見ると日付は昭和46年。私が5歳の時です。おもわずじっくりと読んでしまいました。
すると、愛車のハイエースの古い物の広告がありました。
b0126098_044858.jpg

一番高いグレードで92万6千円。
これは当時どれぐらいの価値なのかとっても気になり、他の記事を読み進めると、ありました。
日産関係ですが、当時の求人広告が。
b0126098_010152.jpg

これによると、45歳で月給6万5600円。(しかも「牛乳毎日支給」と真面目に書いてあります。)
この年収全部はたいてもハイエースは買えません。車はまだまだ贅沢品の時代みたいです。
そして違う襖には、カローラの広告もありました。
b0126098_0154729.jpg

こちらは45万1500円。これでもまだ高い。
生活費を考えると、1年働いても買えそうにありません。

そしてまた違う襖には、冷蔵庫の広告が。
b0126098_0223427.jpg

こちらは値段が明記されていませんが、他の広告のテレビが20万ぐらいだったから、高そうです。
しかしそんな値段などよりも、画像の中の人々は一体何をしているのかが気になります。冷蔵庫も開けっ放しで、冷やした物を試食しているのだろうか?

そんな下らない事を考えつつも、全ての襖(?)を読みました。
その感想は、やはり時代に勢いを感じます。
あちらこちらに、どこどこが竣工したやら、バイパスが開通したやらの記事があります。
公害関係の記事も目に付きますが、社会が全体的に上を向いている印象を受けます。

それにしても今日はまるで、大掃除の時に昔のアルバムを見つけてしまった様な、作業のはかどらない一日でした。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-04-03 00:58 | 展示室づくり | Comments(0)

展示室と胸を張れるほどのものでは有りませんが、質素な展示スペースのランプシェードを作ってみました。
この展示室は夜に使うことはないので、明かりはいらないと思っていました。しかし夜に工房から母屋の展示室に行くと、真っ暗で歩けたものではありません。特に月明かりの無い日は何も見えません。
昔、本で「田舎の基準は、夜道に落とした10円玉が見えるかどうか・・・。」なんて事を読みましたが、ここではまるで見えません。100円玉も目が慣れないと怪しい感じ。

そこで、やはり明かりを・・・となったのですが、なかなか良い物が見つからず、どうしようかと考えていました。いっそ木で作るか、とも。
今ある器具も使いたいし、どうしたものかとホームセンターを、うろうろぶつぶつ。
(木よりも金属がいいんだよな・・・それも地肌むき出しの・・・。)とか、
(台所のボールでも使うか・・・でも上手く作ってもボールって底のアールがカッコ悪いよな・・・。)なんてことを考えながら。

・・・前置きが長くなりましたが、いい物がありました。大きいアルミのロートです。
これならフォルムもいいし、地肌だし、アルミだから柔らかいし。
で、1000円にも満たない金額で購入。

早速今朝、工房で加工しました。(横の鉋は、今回の作業とは関係ありません。)
b0126098_23201081.jpg

見方を変えれば、すでにロートがランプシェードに見えます。
新品をカットするのはもったいない気がしますが、切ってしまいました。
b0126098_2322152.jpg

バリも取って、約15分で完成。
すぐに取り付けてみました。
b0126098_23252783.jpg

こういうシンプルな物が欲しかったのです。
今までなかなか見つけられず、あれば高くて馬鹿らしかったのですが、これなら満足。
何の違和感も無く、イイ感じに出来た気がします。(自画自賛?)
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-04-02 23:40 | 展示室づくり | Comments(0)

現在の展示室

前に「3畳の床貼り完了」と言う記事を書きました。 ゆくゆくはこの記事中の3畳二つと、そこに接する6畳二つとの計18畳を、展示室にしようと思っています。
そして現時点の様子は、手前の6畳二つが展示スペースになっています。
b0126098_641327.jpg

小物類はガラスのショーケースへ、在庫の家具も展示して、出荷する家具は奥の方に毛布を掛けて置いています。
b0126098_644262.jpg

写真だと少し綺麗に見えますが、まだまだリフォーム途中。仕事の様子を見ながら、天井と壁をやり替えます。
今までは展示会前に作り貯めるのも、こういったスペースが無かったため苦労していました。
しばらくはリフォームを中断して、このスペースを木工品で埋め尽くすためにバリバリ仕事します。
b0126098_6242468.jpg

[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-03-26 06:19 | 展示室づくり | Comments(0)

3畳の床貼り完了

最近ここ(大分県)は、寒さが厳しい日が続いています。空模様も曇りがち。
b0126098_22572219.jpg

【豊後高田市(国東半島)より山口県方向(北北東)を望む】

写真は出かけた折に、ついでだからとコイン精米所に寄るために、山越えした時の一枚。
(この先には近所では見かけない、玄米を無洗米に挽ける機械がある・・・どうでもいい話で、すみません。)

そして工房に戻ったら、展示室づくり。3畳×2部屋分の床が終りました。
当初この2部屋は畳敷きでしたが、畳だとテーブルや椅子の展示がしにくい。この際だから畳をどかして、クッションフロアーにリフォームです。

こんな感じから、→スッキリ木目調になりました。
b0126098_2258673.jpgb0126098_22582084.jpg

次は天井を貼って、壁に漆喰を塗ってここは終わり。

残りの作業は、
・6畳の展示室(天井、壁)
・もう一つの6畳(壁)
・洗面所やトイレの水周りの廊下(壁、床)
・洗面台の撤去と新設
・雨漏り防止の瓦のコーキング
などなど。やっているうちにまだまだ増えそう。

なにせ4月までには、これだけはやっておきたいので、時間を見つけては大工仕事を続けます。
じゃないと「春までに展示室を作ります」と、賀状を送ったお客さんの手前カッコ悪すぎる・・・。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-01-30 22:56 | 展示室づくり | Comments(0)

まずは床から

「週末は展示室づくりをする!」と、決めているので今日は床貼り。クッションフロアーを3畳の部屋に貼っていきます。

それには畳を上げないと、何もできないので、
b0126098_22502997.jpg

バールを突っ込んで、どんどん作業を進めます。
そして畳を運び出し新聞紙をどかすと、下のコンパネはカビだらけ。これを何とかしないと次の工程に移れないので、ひたすら雑巾で拭きました。水拭きすること3,4回、ようやくきれいになりました。

やれやれ・・・と、しばしの休憩。作業開始が遅かったので、ここで昼食です。

休憩後にはすっかりコンパネも乾燥して、ここからは一気に進めることができます。


まずはクッションフロアーを床に合わせてカットしておき、床に専用のボンドを塗って、半分ずつ貼ります。
b0126098_22513751.jpg

このボンドは塗ってから45分以内に貼らないといけません。私は半分ずつ貼っているので、貼るのは1時間半で終えねばなりません。でも心配はご無用。多分誰が貼っても、そんなには掛かりません。むしろ大変だったのは、カビ掃除。

この部屋は幅が2メートルちょっとなので、隙間を足して、貼るのは終わりです。
(幅広のクッションフロアーは1820ミリです。)

で、いよいよ最後の工程。クッションフロアーの継ぎ目に専用のセメダインの様な接着剤を流し込みます。
(面倒がってこれを省くと、後で隙間が開いてきます。)

そして完成。後は杉で作った巾木(壁と床の隙間を埋める物体)をつけるだけ。
b0126098_22521954.jpg

今回の材料費は、ホームセンター価格で5,000円ぐらい。
(大まかに・・・、クッションフロアー4,000円、ボンド1,000円)
フローリングより格段に安い金額です。
でもゆくゆくは、自分で加工した板を貼る予定。そのために今回は、あえて敷居との段差を残し、畳も入れらるし、フローリングにも出来る様にしておきました。

展示室を4月までに完成させたいので、まだまだ週末リフォームが続きます。(次は天井?)
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-01-26 22:56 | 展示室づくり | Comments(0)

いよいよ展示室

前に、“納戸、内装完了”を書きましたが、次はやっと展示室づくりです。何か大袈裟な感じですが、早く言えば単にリフォームするだけの話です。

まずは現況から、
b0126098_21504755.jpg
3畳の部屋が2部屋になります。
廃屋だった当初、ここは床は抜け、天井は剥がれ落ちていました。そのままでは住めないので、床は根太をやり直してからコンパネを貼り、天井にはベニアを貼ってしのいでいました。

今回はこの部屋の天井にジプトーン、床はクッションフロアー、壁には漆喰を施し、そして写真の一番奥の押入れを改造して図面室にする予定。クッションフロアーは好きではないのですが、とりあえず仕上げておいて、ゆくゆくは自分で加工した板を貼りたいと思っています。(春までに全部屋終えたいので、スピード優先。)そして時間が無ければ、壁の漆喰も後回しです。

この3畳二部屋が終れば、それにつながる6畳二部屋と廊下の床、もしかすると洗面所へと続きます。展示室はこの3畳二部屋と6畳二部屋の計18畳を使うつもりです。



そして完成させた納戸はと言うと、
b0126098_21514444.jpg


荷物を入れて、やっぱり納戸になりました。(すでに満杯間近)
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-01-21 21:49 | 展示室づくり | Comments(0)

納戸、内装完了

展示室づくりに向けて、まずは納戸からと言う話を書きましたが、納戸の内装が一段落しました。読むより見た方が速いと思うので、順を追って写真でお送りします。

まず第一段階は雑然とした部屋の掃除から。
b0126098_21345287.jpg

住み始めて6年も経つと、空っぽだった部屋も荷物だらけ。
これらを運び出し、掃除をすればスッキリ。
b0126098_21351862.jpg

壁はプリント合板。ベニヤ板に木目がプリントしてあるタイプ。
これが厄介でプリントが吸湿をしないため、換気を怠るとすぐにカビが生えます。合板の下の方はカビてボロボロになっています。
いっそ剥がしてしまえということで、
b0126098_21354132.jpg

中からは竹を組んで土を塗り上げた“土壁”が出てきました。
これにこれから貼るボードの下地を組んで、
b0126098_2136473.jpg

壁も天井も終ったら、後はボードを貼って行きます。
(床のクッションフロアもボンドで貼っていきます。)
そしてボード貼り後に天井と壁の境、壁と床の境等を、杉で作った廻し縁や幅木をつければ完成。本当はボードの上にクロスを貼ったり、漆喰を塗ったりします。今回は、納戸のために省略しました。(お金ももったいないですし・・・。)
そして完成。
b0126098_21362724.jpg

ここが完成したので、次はいよいよ展示室。納戸に展示室予定の部屋の荷物を入れて、部屋を空っぽにしてから取り掛かります。

この納戸にかかったお金は、材料費が1万6千円ぐらいで、ホームセンターの割高な材料を使ったにしては安く、予算内で納まりました。しかし作業期間が1週間ぐらい掛かっていますので、日当を換算するとそれなりには掛かっています。

とは言え、1分の1模型のノリで作れば、自分の好きな様に出来るので楽しいことは確かです。遊びと思えば安いもので、更に家も綺麗になるので一石二鳥とも言えます。

この部屋はクロスなどの仕上げは施していませんが、次にやるのは展示室なので、ちゃんと仕上げるつもりです。今からどんな風にしようかと、楽しみながら悩んでいます。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-01-12 21:33 | 展示室づくり | Comments(0)