タモ購入

数日前にタモやキリの板を買いに、福岡県大川市へと行ってきました。
とりあえず10万円前後の予定が、フタを開ければその倍以上の買物と言う結果。
b0126098_1429748.jpg

壁に立て掛けてあるものがタモの板目で予定通りの品、その手前に桟積みして寝かしてあるのが丸太を挽いたままの耳付き材。こちらは、当初は買う予定に入っていなかった板になります。板目のタモを車に積み込み、さあ帰ろうかと言う時に製材所で見つけて買うことにしました。

それと言うのもこの丸太、かなり杢が出ていて、以前から探していたタイプの物だったのです。いわゆる「玉杢」と呼ばれ、珍重されている板になります。
b0126098_14435192.jpg

湧きだつ水を真上から眺めるような杢で、丁寧に鉋をかけて漆で仕上げると、とても綺麗になります。桟積みしてある板は玉杢を持っている丸太を挽いた物なので、それぞれ杢の出方に差はありますが「玉杢」がかなりの割合で見られます。
これを飾り棚の鏡板や、椅子などに使えば華やぐことは確実です。

やや衝動的な買物でしたが、後悔はありません。むしろ買わずに帰っていたら、今頃悔しい思いをしているのが目に見えています。
たかが木とは言え、その出会いは偶然なので、まずはめでたしめでたし。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2008-04-26 15:03 | 木工 | Comments(0)