埃まみれの“マジェッタ1”という名のカヌー

b0126098_20164626.jpg

 先日、「憂鬱な気がかり」の草刈の話を書きましたが、実は気がかりがもう一つありました。それは材木倉庫の片隅で、埃まみれのまま放置されていたザック・・・。こう書くと他人事ですが、放置したのはこの私、中には13年ほど前に使用していたカヌーが眠っています。

 まだ使えるのだろうかと思いつつ、置きっぱなしになっていました。最近昔のキャンプ道具や釣具を手入れしていたので、これが気になってしようがありませんでした。そしていよいよその時、多分痛んでダメだろうなと思っても、何とかなるかもと期待感もありザックを開けました。

 一枚目の写真は、とりあえずの洗浄中です。ザックの中からは枯れ葉やネズミの糞が出てきていきなりイヤな感じが漂いましたが、ダメ元で洗い続けました。

 洗浄後は、いよいよ組み立て。アルミ角パイプと合板で出来たフレームを組みます。
b0126098_20171687.jpg

 骨格が見えると何となくカヌーに見えます。ここで雨がドシャ降りになり一時中断。パーツを持って続きは工房で・・・。

 アルミと合板で出来ているフレームに、立体裁断された船体布を張れば、もう立派なカヌーです。
b0126098_20174665.jpg

 20代の頃、これをボロいランクルに積んで川下りに行きました。時にはまるで川下りをせず、飲んでばかりのキャンプも多々ありました。

 で、組み立てた結果の損傷は・・・。
b0126098_20181425.jpg

 見事にネズミにカジられていました。でも縫い目からも外れていて、修理可能な場所。このカヌーには左右に二本のエアーチューブが入っていて、そこをカジられたら少し厄介でした。
 とりあえずホッとして、エアーチューブに空気を入れてしばらく放置すること数時間。空気が抜けなければ合格です。が、やはりダメでした。エアーチューブに空気を入れるバルブの根元から、空気が漏れています。ここはかなり厄介です。修理方法をネットで調べても良い答えが出ず、あげくにこれを作ったリバースチール社はカヌー業界から撤退しています。
 ずーと放置していたとは言え、これは思い出いっぱいのカヌー、何とか直そうと思っています。候補は船体の一部を切り取って、ゴムボートのエアーバルブをつけようかとも考えています。

 ちなみにチューブに空気を入れなくてもカヌーは浮きます。しかし以前のように私が乗って、ツーリンググッズを載せると、約90キロぐらいになります。すると沈没はしなくても、船体はかなり沈みます。その結果スピードは出なくなり、直進安定性は増しますが、クイックな動きは出来なくなり、障害物をかわし難くなります。

 そしてツーリングの時はこんな感じになります。
b0126098_20184118.jpg

 予備のパドルや、コックピットカバーを付け、船体の中にキャンプ道具を満載し、入りきらない分は外の前後にくくり付けて出発します。

 このカヌーが今後どうなるかは、またそのうちに・・・。
[PR]
Commented by 斎藤 直人 at 2009-12-28 08:13 x
マジェッタ1に乗っています。ぼくも友人に譲られたのですが、エアチューブが駄目でした。しかしマジェッタを開発された方にネットで知り合いフジタカヌーのアルピナのエアチューブを代用できるとpのこと。ぜひご利用ください。リアのジッパーの破損は近くのテント屋さんで直してもらいました。マジェッタのことをもっと教えてくださいね。
Commented by mokkoubou_yabuki at 2009-12-29 01:27
貴重な情報を有難うございます。
実は強力な接着剤を買ってはみたものの、取り返しがつかなくなりそうなので、試せずじまいでした。これで心置きなくチャレンジできます。

またその時は、ブログで報告したいと思います。
by mokkoubou_yabuki | 2007-06-23 20:16 | アウトドア | Comments(2)