絶好の草刈日和

 昨日の記事中で、「まずは草刈から・・・」と書きましたが、本日早速取り掛かりました。午前中は機械の整備と工房内の掃除。その後早めの昼食を済ませ、午後一番の作業です。

 機械の整備はグリスをさしたり、ケースを開けての木屑掃除。というのもこれだけ雨が続き湿度が上がると、機械内の木屑が湿気を帯びて、機械にサビを起こさせます。グリスは1ヵ月に一度ぐらいの定期的な作業で、木屑掃除はこの時期の恒例です。

 そしてどうせ半日が雑用でつぶれたついでに、草刈もやってしまいました。5月以来の草刈なので草が結構伸びています。草が伸びていると、朝歩けば夜露で靴は濡れ、山側はマムシがいそうで、さらにこれからの季節は虫だらけになってしまいます。憂鬱な作業はとっとと済まそうと思い、小雨の振る中作業開始。

 まずは草刈前の様子。
b0126098_20133298.jpg

 小雨振る中と書くと大変なように感じますが、実は絶好の草刈日和です。最近の雨続きで草が水をたっぷりと吸い上げ、茎は軟らかくて切り易く、日差しも無いので涼しくて快適そのもの。晴れていると汗っかきの私は、雨に濡れたぐらいの汗をかいてしまうので、結局一緒なのです。

 伸びていた草も、切ればこんなにスッキリします。
b0126098_20135568.jpg

 心なしか広くなったような気がします。
 我が家の敷地全体が、こうなるまでに費やした時間は4時間30分、かなりハードです。庭や畑などの平面は楽なのですが、我が家にはかなりの斜度の法面や石垣があります。ずり落ちたり、草刈機を持ち上げたり、ちょっとしたトレーニング気分が味わえます。

 とにかく気掛かりが一つ消えて良かったのですが、帰宅後はシャワーから出るなりサロンパスの嵐となりました。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2007-06-20 20:19 | 暮らし | Comments(0)