水も電気も必要です。

 工房開設する上での土地の条件を書きましたが、ウチのように工房兼住宅となるとそこに住むのですから、仕事ができれば良いという訳にはいきません。我が家は20~30年ぐらい廃屋でしたが、人の住まない期間が長ければ長いほど、当然家屋の傷みは激しいのです。畳が敷きっ放しの部屋や、雨漏りのしている部屋の床は、ほぼ腐っていると考えたほうが良いと思います。我が家も足を踏み入れるなり、畳ごと床を踏み抜きました。

 このような家の修繕を他人に頼むと高いので、これから木工をやろうという人は当然、自分で直すことになるでしょう。ところがこの修繕期間を、私は考えていなかったのです。結局半年ぐらいかかり、その間、母屋は床もなく寝泊りできないので、機械のまだ入っていない工場に一人、テントを張って過ごしていました。その頃はアルバイトもしていたので、テントからスラックスと革靴をはいて出社と、なかなか味わえない日常を送りました。

 そして人が暮らす上で重要な「水」についても、考えが甘かったようです。廃屋を中心に家探しをしていたので、人が過去に住んでいたと言うことは、当たり前に水があると思っていました。しかし違うのです。田舎は上水道が整備されていない地域が多いので、水は井戸か、地下水をボーリングして汲み上げるのが一般的のようです。また沢水をひいたり、近所から「もらい水」というのもあるようです。

 この地に来た当初、この家が過去に使っていた井戸を覗くと、地面に深く穴を掘っただけの、内壁が土むき出しという素掘りの井戸でした。長いこと放置された井戸は内壁も崩れ、そばに立っていることにも危険を感じました。しかしこの井戸を使わなければ、我が家には水が無いことになります。残された道は地下水の汲み上げか「もらい水」となり、悩んだあげくにボーリングすることにしました。参考までに、この費用は1メートル約1万円ほどかかります。大体この地域の平均が、配管含めて100万円ぐらいです。

 つまり人気の無い田舎暮らしに憧れて、山に土地を買うと、高い土地は水が出にくいのでボーリングの深さが増します。知り合いに200メートル掘った人がいます。(ウチは60メートルぐらいです。)また公道に隣接していない土地を買うと、私道を造る事にもなります。電柱も自費で立てなければいけないようです。その点農村で土地を探せば、木工機械を動かすのに必要な、200ボルトの電気も大抵来ているので安心です。

 次回は、工房開設時にあったらいいなと思う道具について、書きたいと思います。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2005-07-07 18:29 | 工房設立まで | Comments(0)