昔ながらのネズミ捕り

b0126098_18192184.jpg
 この昔ながらのネズミ捕り、どうしたのかと言えば少し前にホームセンターで手に入れました。40歳の私でも、幼い頃にこれが家庭にあった記憶はございません。唯一の記憶は、小学校に通う通学路の空き地に、捕獲されたネズミ入りで捨てられたものを見かけたぐらいです。当然ネズミは死んでいて、幼かった私は友達と棒でつついて遊んでいました。

 で、どうして今さらこれかと言うと、我が家の屋根裏を駆け回るネズミを何とかしようと考えたからなのです。夜中になるとテヶ、テヶ、テヶと元気良く走り回り、時には台所でも見かける奴を何とかしたかったのです。そこでホームセンターに出向き、この昔ながらのネズミ捕りを購入したのでした。

 その構造はこんな感じです。今ドッグフードが付いていますが、これをネズミがいじるとスプリングの効いたリングが外れて入り口が閉まる、といったところです。
b0126098_18195180.jpg

 そして当然気になるその成果は・・・。

 捕まえる前に止めました。捕まえれば当然殺さなければならないですし・・・。さらに私は子供の頃にハムスターを飼っていたのです。見た目はほとんど同じです・・・。

 子供の頃に見かけた、“ネズミ入りのネズミ捕り”は多分ネズミを殺せなかった人の、困り果てた末の物だったのかも知れません。

 今は工房の片隅で、木クズにまみれてまるで機能していないネズミ捕り・・・ネズミの視点で見れば、こんな感じです。
b0126098_18202213.jpg

[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2007-01-27 18:18 | 暮らし | Comments(0)