「テオ・ヤンセン展」もうすぐ終了

今日は大分市美術館に行ってきました。

先日の連休中の日曜日にも行ったのですが、駐車場までの長い車列を見て挫折。
考えてみたら「連休+会期中最後の日曜日」だったから当たり前です。なので子供の学校が早く終る今日が、最後のチャンスでした。

よって本日の仕事は早仕舞、そして16時ぐらいに現地に到着。
しかし平日のやや遅い時間にも関わらず、駐車場に入るのに並びました。15分ぐらいだったと思いますが、並ぶのが嫌いな僕にとっては何年ぶりのことだろうか。
それでも行列に気分が悪くなることもなく、とりあえずは館内へ。

まずはビーチを再現したというホールへと。
そこには白い砂と、何体かのビーチアニマルが。
b0126098_16262443.jpg


砂場には自由に入れるので、子供たちの良い遊び場になっていました。
もう少しアップにすると、
b0126098_16264378.jpg

まさに動物のようなフォルムです。
更に奥のホールでは、別のビーチアニマルが歩くデモンストレーションが行われ、なかなかの迫力が味わえます。
b0126098_16265613.jpg

これらの構造体はパイプで出来ていて、そのパイプ本来の用途は電線の室内配線用らしい。
画像の上部に見える「帆」のような部分が風で動くとパイプの中を空気が流れ、その空気を圧縮して動くととのこと。

パイプ部分のアップは、
b0126098_1627104.jpg

全くよく考えつくものです。

大人も子供も楽しめるこの展示は9月30日(金)までなので、もしまだ見ていなかったら是非どうぞ。
[PR]
by mokkoubou_yabuki | 2011-09-28 16:24 | 暮らし | Comments(0)